読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務技官の戦場

元法務技官(矯正心理専門職)が仕事についてあれこれ語るブログ。

法務技官になるためには⑦~心理学の参考書・問題集~

 

実際に私が使った中で,良かった参考書や問題集を紹介します。

 

人によって使いやすさがあるので,定番と紹介されているものでも自分に合わないことが多々あります。合う,合わないということも,とにかく使ってみないとわからないので,まずは手にとってみることがおすすめです。

 

 

acupofcoffee25.hatenadiary.jp

 

こちらの記事も参照してください。

 

①心理学概論書

 

・心理学の基礎  


心理学の基礎3訂版 [ 今田寛 ]

 

・図説現代心理学入門 


図説現代心理学入門4訂版 [ 山上精次 ]

 

 ・グラフィック心理学 


グラフィック心理学/北尾倫彦【2500円以上送料無料】

 

概論書はこの3冊がおすすめです。

3冊全て買わなくてもいいですが,2冊はあった方がいいでしょう。

個人的に,図があるものの方が理解しやすかったですね。

 

 

②辞典

 

・誠信心理学辞典 


誠信心理学辞典

 

心理学全体の辞典はこれしか買いませんでした。

高いからです。

あとは,大学の図書館でやたら分厚い心理学辞典をその場で少し見るくらいでした。

 

 ・教育心理学辞典


多項目 教育心理学辞典

 

教育心理学の辞典は持っていました。これは,心理学以外の専門試験を教育学を受けるか迷っていた時の名残りです。結局社会学を選びましたが。

教育心理学は,かなり教育学的な要素が強いので,教育学を選ばれる方以外はそれほど必要でない気がします。

 

・ 社会心理学用語辞典


社会心理学用語辞典

 

これも持っていました。専門試験で社会学を選んだからですね。

社会心理学は,基本的に心理学寄りな気がします。こっちは社会学を選ばない人も勉強しましょう。

 

 

③各分野

 

・臨床心理学キーワード 


臨床心理学キーワード (有斐閣双書―KEYWORD SERIES)

 

このシリーズは,臨床心理学の他に社会心理学認知心理学のものもあります。

読みやすく,よく使っていました。これも自分では買わず,大学の 図書館のものを借りていました。今思うと,とてもケチですね……。

 

 ・発達心理学(キーワードコレクション)


発達心理学 (キーワードコレクション)

 

これは,1つ1つのキーワードについて詳しく書かれているもので,概論書の発達心理学を読んでいて,難しいところがあると,辞典の代わりのように活用していました。ですので,全てを読んだわけではありません。

かなり詳しく書かれているので,発達心理学を極めたい方にはおすすめです。

これも色んな分野で出ているシリーズものです。

 

・現代心理学入門〈4〉社会心理学


現代心理学入門〈4〉社会心理学

 

社会心理学は,先ほど挙げた「グラフィック心理学」の社会心理学,「社会心理学キーワード」の他,これがおすすめです。どれも読みやすいですね。

社会心理学は,他の心理学の専門分野に比べて,わりとイメージしやすいことが多く,取っ付きやすい気がします。他の専門分野がなかなか頭に入らない人は,気分転換に社会心理学を勉強してみてはいかがでしょうか。

 

④問題集

 

 ・公務員試験 法務教官保護観察官 問題と対策


公務員試験法務教官・保護観察官(法務省専門職員(人間科学))問題と対策

 

もしかしたら,法務技官の公務員試験の過去問も売ってるかな?と思いましたが,やっぱりないみたいですね。未だ,公務員試験業界でも圧倒的少数派のようです。

これは法務教官保護観察官の問題集ですが,ぜひ買いましょう。なぜなら,専門試験40問のうち,20問が共通だからです。

社会学・教育学・社会福祉のうち,どれに決めるか悩んでいる人も,この過去問を見て,どれにするか選ぶといいでしょう。

ちなみに,心理学の問題も載っていますが,うろ覚えの記憶では,共通科目の心理学(法務教官保護観察官が必須として受ける心理学)10問より,矯正心理専門職の必須20問の心理学の方が難しかったような気がします。この問題集の心理学の問題を見て,「なんだ,こんなものか。」と油断しないようにしましょう。

  

・公務員試験 家裁調査官補 問題と対策 


公務員試験 家裁調査官補(総合職)問題と対策

 

家裁調査官の過去問も揃えたいところです。

家裁調査官は,法律出身の人が多いですが,心理出身の人も多いです。

個人的な感想では,家裁調査官の試験の心理学の問題の方が,矯正心理専門職の心理学の問題よりずっと難しい気がするのですが,気のせいでしょうか。こっちは記述問題だからかもしれません。

 

・公務員福祉職・心理職の合格知識 


公務員福祉職・心理職の合格知識

 

法務教官保護観察官等を視野に入れた一問一答形式の問題集です。

これは余り好きではなかったですね……。私はどうも一問一答形式が苦手みたいです。

まあ,心理系公務員の数少ない過去問ですので,一応使ってみるのがいいでしょう。

 

 

 

 

ざっくりと書きましたが,もちろん,ここに書いていない本もたくさん買いました。予備校に通っていなかったので,その分本につぎ込みました。計算していないですが,大体7~8万くらいは参考書や問題集を買ったと思います。ちなみに,ほとんどAmazonで中古で買いました。

ただ,どんな本を使ったかなーと今回改めて探してみると,こんな古い本ばかりでなく,もっと新しいものがたくさん発売されていますね。わざわざここに挙げたものを買わなくてもいいと思います。たとえば,大学の授業で使った心理学の教科書があれば,どんどん使っていくのがいいと思います。

どんな本を使うかよりも,とにかく勉強して基本的な知識を身に付ける方が重要と思います。たくさん勉強してください。