読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法務技官の戦場

元法務技官(矯正心理専門職)が仕事についてあれこれ語るブログ。

法務技官の仕事②~心理職と公安職~

 

すいません,おすすめの参考書の紹介の前に,ちょっと雑談を。

 

法務技官という仕事は,様々な意味で特殊だと思います。もちろん,余り世間的に知られていないという意味でもそうですが,この話を少し掘り下げたいと思います。

 

 

突然ですが,脳男という映画をご存知でしょうか。

(以下,ネタバレがあります。ご注意を!!)

 

脳男 [DVD]

脳男 [DVD]

 

 

 

あらすじは置いといて,この映画,実は作中の殺人犯を精神鑑定するシーンがあるのですが,その時,精神科医(と思われる人)が連行されてきた被疑者の手錠を解くように言います。

この犯人は,凶悪なテロ事件を起こして逮捕された後,警察署内ですれ違った全く無関係の事件の犯人に突然襲いかかるという,とても凶暴な人物なのです。

そんな人物の精神鑑定を依頼されました。どうでしょう? 仕事とはいえ,怯みませんか?

ところが,作中のこの精神科医が取った行動は,まず拘束を解き,その後は犯人として扱わず,対等な人間として丁寧な口調で接するというものでした。

これを見ていて,これこそ心理職だなと思いました。

心理職は,ラポールを重視します。拘束された状態の被疑者にいくら心理検査をやっても,まともな結果を得られるはずがありません。

この場合,自分の身の危険は二の次なんですね。

 

 

法務技官という仕事は,まぁわりと特殊な仕事と言ってもいいと思うのですが,

特に,心理職でありながら公安職,公安職でありながら心理職というところが変わっていると思います。

公安職は余りイメージが湧かないと思うのですが,警察官みたいなものです。公共の安全のために活動するのですね。

法務技官が相手にするのは非行少年や犯罪者です。公共の安全のために,保安には気が抜けません。

例えば,法務技官は襲いかかってこられても制圧できるよう,護身術を学びます。全員が学びます。警察官みたいなものですよね。

 

 

で,この心理職と公安職という2つの立場は,しばしばお互いに相容れないところがあります。

分かりやすく,ロールシャッハ・テストでたとえましょう。

ロールシャッハ・テストとは,心理検査の一つです。アメリカでは投影法そのものが時代遅れと一部で言われているようですが,法務技官は未だにけっこう使います。

ロールシャッハ・テストには,様々な流派というか,やり方があります。その中の包括システムというのは,施工法が細かく決められています。

問題なのは,検査者(テストする人)が被検者(受ける人)の真横に座るというやり方です。

これは,保安的には危ないとされています。基本的に,被収容者の真横に座ることはありません。

しかし,包括システムは厳密に施工法が決められており,それを破ってはいけないとされています。同じ手順でやらないと,テストの信頼性が損なわれ,科学的なデータとして活用できないからです。正面から向かい合わせでやった時と真横に座った時では,被検者の反応が違うので,統一しないと意味がないんですね。

そこまで細かくなくてもいいんじゃないか……と思われる方もいらっしゃるかと思いますが,これは重要なことです。まさしく,投影法の弱点の一つは,科学的なデータとしての信頼性が低いことだからです。

 

結局ロールシャッハ・テストを包括システムで実施する時,法務技官はどうするかという話なんですが,これは人によります。

中には,保安面を重視して,科学的信頼性を失っても対面や直角の角度で実施する人もいます。逆に,科学的信頼性を重視して,必ず真横で実施する人もいます。

ただ,やはり法務技官は保安的な意識が染み付いているので,真横でやるのはなかなか勇気がいります。いざ,襲ってきたらどうしようとか,逃げられたらどうしようとか。

 

これはあくまで一つの例で,こういうことがたくさんあります。

そういう,大半の心理職が悩まなくてもいいことに悩み,大半の公安職が気にしていないことを気にする,それが法務技官の特殊なところの一つなのかなと思います。

 

 

 

法務技官になるためには②~試験について~

 

 

法務技官の試験に向けての勉強について助言します。

あくまでも参考程度にしてください。

 

 

まず、法務技官の試験は一次試験と二次試験があります。

試験の配点比率を見てみましょう。

 

法務省専門職員(人間科学)採用試験|国家公務員試験採用情報NAVI

(下の方の「【合格者の決定方法】」に記載されています。)

 

これによると、矯正心理専門職区分(法務技官)の試験の配点比率は、

 

基礎能力試験 211

専門試験(多肢選択式) 3/11

専門試験(記述式) 3/11

人物試験 3/11

 

となっています(必ず最新の情報をご確認ください)。

 

これを見て分かるように、専門試験の配点比率がとても大きいです。

基礎能力試験というのは、公務員試験の教養科目で、高校の時に習った国語や数学、社会や理科に、数的推理や判断推理、時事問題などです。

 

効率が良い勉強方法は、専門科目を重点的に勉強することです。

 

とにかく、心理学を勉強してください。

 

基礎能力試験は範囲が広すぎて、普通に勉強していてもとてもカバーしきれません。

専門科目(多肢選択式)は心理学20問+心理学・社会学・教育学・社会福祉それぞれ10問ずつから2科目を選択、合計40問なのですが、心理学が30問を占めます。

社会学・教育学・社会福祉はそれぞれの好みで、得意なものを選べばいいでしょう。個人的には、社会学がテキストが揃っていて勉強しやすいと思いました。

 

大前提の話ですが、心理学は最も重要な科目です。

無事に合格し、法務技官として採用された後も一番活用されます。

心理学を学んでいる人は、多くの方が文系だと思うのですが、大学受験の時に勉強していない理科を焦って勉強する必要はありません。得意な文系科目をいくつかやって、数的推理や判断推理など、公務員共通の配点が多いところを勉強すれば、後はひたすら専門科目を勉強してください。

極端な話、基礎能力試験は足切り(例年12点くらいだと思います)さえされなければ、ギリギリでも構いません。ただし、専門科目が低ければ合格できませんし、仮に合格してももっと勉強した方がいいでしょう。

 

心理学は、もちろん心理系の学部に通っている方には言うまでもないことですが、範囲がとても広いです。

法務技官はなんとなく臨床系の人が多いような気がしますが、臨床心理以外も勉強してください。

仕事し始めると、なかなかまとまって勉強する余裕がありません。心理専門職として恥ずかしくない程度の心理学の勉強は、受験する際にしておくのが望ましいと思います。

 

 

次回は、おすすめのテキストを紹介しようと思います。

参考になるか分かりませんが……。 

法務技官になるためには①~概要~

 

本日は法務技官になるための試験についてお話しようと思います。

まぁ、制度的なところは、ここで話すよりも法務省の公式ホームページをご覧になった方がいいと思うので、余り詳しくは書きません。

あと、私が公務員試験を受験したのは何年も前の話なので、細かい部分がうろ覚えです。微妙に間違っていても責任は取れませんので、その点はご了承ください。

 

法務省:法務省専門職員(人間科学)採用試験

(平成28年度の情報です。ご注意を!)

 

 

 

法務技官(心理)になるためには、法務省専門職員(人間科学)採用試験という公務員試験の中の矯正心理専門職区分を受験する必要があります。

この採用試験は、他に法務教官区分と保護観察官区分があります。

 

試験日程等については法務省のホームページをご覧ください。

例年4月に申し込み受付、5月の終わり頃から6月初めに一次試験、7月頃に二次試験、そして8月下旬頃に最終合格発表とのことです。

この試験日程は、他の専門職試験と同一の日程です(国税専門官や労働基準監督官など)。よって併願はできませんが、そもそも心理系の公務員でこの辺を併願する人は少ないですよね。

併願するなら家庭裁判所調査官や国家総合職の人間科学が多いと思います。

 

 

一次試験は筆記で、二次試験は面接になります。

 

 

これに見事合格すると、最終合格者となります。

ここからが少し複雑なのですが、最終合格となっても採用になるとは限りません。

最終合格者は名簿に名前が乗るだけで、実際に採用となるには、これから管区面接というのを受けなければなりません。

管区面接の説明は、二次試験の時にもらう紙に詳細が書いてあったと思います。

9月か10月頃だったと思うのですが、各矯正管区それぞれで面接をやります。最終合格者は、管区に意向届というハガキを送って、採用を望む意向を伝えます。

これは管区面接が終わっても、採用が内定するまで出し続けます。向こうからは何の連絡もないので、ちゃんと届いているのかとても不安になったことを覚えています。

 

管区面接は希望する限りいくつも受けれます。私は2つ受けたと思います。

管区によって希望者が異なるので、何が何でも採用されたいという人はいくつも管区面接を受けた方がいい……というのが通説です。真偽の程は分かりません。

ただ、移動にけっこうお金がかかるので、実際にたくさん受けている人は余りいないんじゃないかなーと思います。多くの人は、せいぜい3つくらいでしょうか。

 

で、肝心の採用の時期ですね。

これが問題です。

基本的に採用は、欠員を補充するという形で行われます。

というのは、各施設によって定員の数が決まっており、一人でも欠員があると、残りの職員の負担がとても大きくなるので、各施設は一刻も早く欠員を補充したいという事情があるからです(実際に働くと分かりますが、職員の欠員が出ると大変です……)。

もちろん、職員の欠員はいつ出るか分かりません。突然退職するかもしれませんし、事故や病気で亡くなってしまうこともあります。

一番多いのは転勤です。転勤が多い仕事なので、転勤が施設を離れる人が多いのに、入ってくる人が少ないと、新しく採用して補充します。だから、採用は4月1日付が多いです。

ただ、この採用については実際に働いてみてもよく分からないことが多く、転勤の前に採用が決まってることもある……んですかね?

11月や12月に採用になることもありますが、それはおそらくその施設に何らかの理由で欠員が出て、しばらく欠員のままでやっていたのだと思います。例えば、8月に職員が一人辞めたとして、施設は欠員を補充したくても、なかなか補充できません。年度の途中で転勤になるのは誰だって好まないですし、そもそも転勤で補充しようとすると、今度はその元の施設に欠員が出ます。

で、管区面接を終えて、採用の体制が整うのが11月、12月なんですね。多分。

だから、採用がいつでもいいという意向を示しているのに、なかなか採用にならないという人がいたら、多分急いで欠員を補充する必要のある施設がない、ということではないでしょうか。多分。分かりませんが。

とにかく、採用は施設の職員の数によって大きく左右されるということです。

 

採用になると、管区や施設から電話が掛かってきます。

これが遅いんですね。私は大学生の時、2月の終わり頃に掛かってきました。

大学4年生の2月というのは、もうとっくに就活も終わっている時期です。私も、民間で内定を頂いた企業がありましたが、こっちの試験が最終合格した時点で辞退しました。

だから、せっかくこの試験だけに絞って採用を期待しているのに、なかなか内定が出ないという、とても困ったことになります。今思えば、単位が取り終わって楽しい大学4年生の時期に、ずいぶん不安な気持ちで過ごして、少しもったいなかったような気がします。

おそらく、1月の終わり頃に職員の転勤の内示が出るので、その調整がある程度できた時点で、採用に取り掛かるのでしょう。だから内定の電話が掛かってくるのはとても遅く、3月に入ってからという人もいます。

3月ってなると、もう多くの人は採用を諦めていますよね。それなのに、管区を超えて、全然希望していないところから電話が掛かってくることもあります。北海道に住んでいる人が、来月から九州で採用すると言われても困りますよね。

こうして書くと、とても採用する側に有利にできている試験だと思います。私は他の公務員試験は知らないのですが、どこも同じようなものなのでしょうか。

最終合格された方々は、ちょうど今くらいの時期、内定の電話が掛かって来ないかドキドキしているのではないでしょうか。

まだ職員の方の転勤の内定は出ていないと思うので、これからです。もう少しの辛抱……と思われます。

 

 

 

 

 

ここに書いていることは、私の憶測も大きく混じっているので、確実な情報ではありません。ご了承ください。

 

法務技官の仕事①~鑑別~

 

法務技官という名前がそもそも聞き慣れないと思います。

余り有名ではありませんが、主に少年鑑別所や刑務所で働く法務省の専門職員です。

まず、大雑把に簡単な区別を。

 

法務技官の中でも、このブログでは主に心理職に携わる職業を指します。

一般的には法務技官(心理)のように表記されることが多いですね。

 

法務技官には3種類あり、心理の他に、作業専門官や国際専門官というものもあります。その中でも、特に心理に特化している場合に心理技官と呼んだり、少年鑑別所で鑑別業務に従事する場合に鑑別技官と呼んだりします。

 

 

さて、ではその鑑別技官とはどのような仕事をするのでしょうか。

ここでは主に少年鑑別所での仕事をご紹介します。

 

 

※法務技官は少年鑑別所以外にも様々な勤務地があります。

 ここで書いていることが仕事の全てではなく、ほんの一部に過ぎないので、注意してください。

 

 

まず、法務省のサイトを見てみましょう。

 

 1 少年鑑別所に勤務した場合

  少年鑑別所は,主に家庭裁判所の観護措置決定によって送致された少年を収容し,医学,心理学,社会学,教育学等の専門知識に基づいて,資質及び環境の調査を行う施設です。

  少年鑑別所では,少年に対して,面接や各種心理検査を行い,知能や性格等の資質上の特徴,非行に至った原因,今後の処遇上の指針を明らかにします。
   また,審判決定により,少年院に送致された少年や保護観察処分になった少年にも,専門的なアセスメント機能を活用して継続的に関与します。
  その他,地域の非行及び犯罪の防止に貢献するため,一般の方からの心理相談に応じたり,学校等の関係機関と連携した非行防止や青少年の健全育成のための取組にも積極的に関与したりします。

 

法務省:矯正心理専門職区分

 

法務技官が相手にするのは、主に非行少年です。

ご存知のとおり、現在日本では少年法という法律の規定があり、20歳に満たない者が犯罪を起こした場合は大人とは違った法的手続きをします。

細かいことを話すととても長くなって趣旨がそれるので、大まかな説明をします。

そのような非行に至った少年の内の一部は、少年鑑別所に入所をします。

少年鑑別所では、なぜその少年が非行に至ったのか、主に心理的な部分を中心に調べます。

例えば、やはり未成年が一番強い影響を受けるのは親なんですね。とても極端な話をすると、親から犯罪をやるように言われると、やってしまわざるを得ません。家庭環境は非行少年にとってとても重要です。

他にも、交友関係、知的能力、精神状況、認知的特性、性格や行動傾向、価値観、あらゆる面が非行に影響しています。

それらを総合して、最終的な判断をします。これが鑑別です。

 

では、具体的にどうやって調べているのでしょうか。

 

・鑑別面接

面接ですね。基本的に少年と一対一で話します。これが一番アセスメントの中心になると思います。本人の口から直接、非行のことやこれまでの生い立ちのことなどを聞きます。

面接時間や回数は人によってばらばらです。最初の頃はどうしても多くなりがちです。

 

・心理検査

いわゆる心理テストですね。もちろん、心理職が行う本格的なものです。

個人的には、ウェクスラー式知能検査(WAIS-Ⅲ、WISC-Ⅳ)やロールシャッハ・テスト、バウムテストなどの描画法が多い印象でしょうか。

これらの心理検査もほとんど全て法務技官が実施します。特に最初の頃は習熟の意味も込めて実施する機会が多いのではないでしょうか。

 

・ケースカンファレンス

非行少年と関わるのはもちろん法務技官だけではありません。

少年鑑別所には観護という少年の生活の世話や助言を行う部署があります。

そこでも担当の法務教官の職員がつきます。その方と様々な情報交換をすることも大切です。

また、家庭裁判所調査官という家裁の職員も、少年の調査を行います。家裁調査官は少年鑑別所では手に入れられないような情報を手に入れていることがあるので、やはり情報交換は大切です。

あと、最初の頃は上司や先輩に相談するのがいいでしょうね。私もよく聞いていました。

 

・鑑別結果通知書

これらの鑑別の結果は、最終的にレポートにまとめられます。

これが法務技官の一番の存在意義であり、一番の難所だと私は思っています。

とにかくこれが大変なんですよ。

それほど長くない文章なんですが、これを作成するのに、最初の頃は14時間くらいかかっていました。ああでもないこうでもないと推敲を重ね、ようやく完成したと思って上司に見てもらったら、添削だらけで返ってくる……。法務技官あるあるです。

最初の頃はとにかく訂正だらけです。一人前の法務技官になるには、10年かかるとも20年かかるとも言われています。職人みたいですね。

何がそんなに難しいかと言うと、人間の心理を自分なりに理解し、非行に至った原因を説明する、専門的なことを分かりやすく伝える、これがとても難しいんですね。

ただ、この大変さは同じ職場で働く法務教官の方にも余り分かってもらえません。「なんか大変そうだね」くらいの感覚に思われていることが多いと思います。この苦労は、実際に書いた人でないとなかなか分かりにくいのかもしれません。

 

 

 

以上、とても簡単に鑑別について書きました。

何度も言いますが、これは法務技官の仕事のほんの一部なので、くれぐれも注意してください。

更には、私の偏った意見が反映されていると思いますので、その点もご注意を。

 

法務教官と法務技官のお仕事②~給料~

 

本日は、就活を目前に控えている大学生や転職を考えている社会人が、余り公にはできないけど最も気になっていること、給料について書きます。

 

私が大学生でこの仕事をしようか考えた時、一番気になるのはこれでした。

 

別に大企業並みの給料をもらいたいとか、お金持ちになりたいとは思わなかったですが、いわゆるブラック企業みたいに薄給すぎるのは嫌でした……。

 

 

 

結論から言いましょう!

 

拝命1年目の私の年収(20代前半)はおおよそ

320万円

くらいでした。

2年目は450万円くらいです。

これは額面の数字なので、もちろん実際の手取りはもっと減ります。

 

「おや、意外にあるなぁ~」「やっぱりそんなもんか……」色々思われたと思いますが、

大事なのはここからです。

この数字に一喜一憂する前に、一旦落ち着いて私の話を聞いてください。

 

 

まず、公務員の給料というのは世間一般で思われているほど良い訳ではありません。

大卒1年目の国家公務員一般職(普通の職員)の基本給は大体16万円ほどです。

実際にはこの額に手当が増えたり控除で減ったりするので、多少増減します。

公務員の基本給は俸給表というもので公開されており、少しググったら出てきます。

私の周りには法務省と関係ない国家一般職に新卒で就職した人達が何人かいますが、余り給料が良くないということをよく言っていました。

「公務員はロクに働きもせず高い給料をもらっている」という固定的な価値観を持っている人をお見かけすることがありますが、少なくとも若いうちは、それほど良い給料をもらえる訳ではないと認識してください。

 

 

その上で!

法務技官、法務教官の給料を見てみましょう。

 

国家公務員の俸給表[公安職俸給表(二)]の詳細|給料.com

 

法務技官、法務教官「公安職俸給表(二)」というものが適用されます。(一部例外あり)

非行少年や受刑者と直接関わる以上、危険とは常に隣り合わせであり、行政職ではなく公安職の俸給表になります。

拝命1年目で新卒だと、大体1級21号俸くらいでしょうか。

先程の表で見てみると、「200,800」となっています。(2016年度)

公安職だから行政職より少し高くなっています。

 

これだけではもちろん年収は320万円に届きませんが、

法務技官、法務教官には当直があるのです。

当直とは余り聞き慣れないかもしれませんが、要するに職場で一夜を過ごすものです。注意が必要なのは、夜に出勤して翌朝まで働くのではなく、朝出勤して、夜に仮眠をして、翌朝(場合によっては昼)まで勤務します。

例えば朝8時半に勤務開始、次の日の朝9時に勤務が終わりとすると、拘束時間は少なくとも24.5時間になります。

ちなみに、仮眠時間は4時間だったり8時間だったり、勤務時間は翌朝9時までだったり10時までだったり12時までだったり、施設によって色々差があります。

 

で、当直をすると超勤がつくのです。

これがとても大きいんですね。施設によってかなり差はありますが、法務教官の場合を例にすると、大体1か月に5~6回、5日~6日に当直1回というところが多いですね。(多分……)

すると、月に大体4万~6万円ほどもの超勤がつきます。

また、当直というのは、基本的には勤務の中に組み込まれているんですね。「嫌だから今月はやめとく」「金がないから多めに入る」とかそういうのができません。(当直の日を交代するのはできます。)だから安定して毎月の給料に上乗せされていると見なしていいと思います。

 

他にも、色々と手当があります。ただ、これは大体どこの国家公務員も同じだと思うので省略します。地域手当や住宅手当(官舎に住んでない人)などですね。

 

 ちなみに、法務教官を例にとったのは、法務技官は施設によって当直に入らないことが多いからです。 

当直は大体拝命1か月後くらいから入ることが多いのではないでしょうか。

更に、拝命1年目は基礎科という集合研修が約3か月程度あり、この間は当直がないので当然その分の超勤がなくなり、給料が一気に減ったように感じます。(1年目と2年目の年収の差が大きいのはそのためです)

 

 

ということで、法務技官や法務教官の給料は当直の分の超勤で増えている部分が大きいという話でした。

これだけ聞くと、「給料が高くてラッキー」くらいの認識かもしれませんが、当直というのは意外とつらいんですね。

週に1~2回、家に帰れないというのは、家が大好きな私にとってはややつらい経験でした。やっぱり職場にいると、余り気が休まらないですからね。

ただ、慣れてしまうとわりと平気です。数年も経てば、むしろ当直のない生活の方が違和感を感じるようになります。(個人差はありますよ!)

 

 

超勤がもらえても、当直は絶対に嫌という人もやっぱりいます。逆に当直が全然苦にならないという人もいます。

結局、一番大切なのは、給料が高いか低いかではなく、その仕事にどれだけ適応できるかということなんですね。

 

次回はいよいよ、気になる仕事内容について触れたいと思います。